トーハクパスを買いました

今年の仕事も目途が立ち、来年のことを考えるようになりました。
ゆっくり考えるために久しぶりにトーハクに来ました。
切れていたパスも更新しました。
tohakupass
トーハクもすっかり秋模様です。


特別展「タイ~仏の国の輝き~」に行ってきました。

トーハクで開催されている特別展「タイ~仏の国の輝き~」に行ってきました。
仏像の顔にタイ仏教と日本仏教の似ているところと異なるところを感じました。
石仏の足にはサンダルのような模様がありましたが、アフガニスタン展で見たゼウス神像の左足のサンダルと少し似ているように思いました。
ペルシャ、ギリシャ、エジプトの雰囲気も感じるところが多くありました。

tohaku20170806a

tohaku20170806b

tohaku20170806c

tohaku20170806d

tohaku20170806e

tohaku20170806f

tohaku20170806g

tohaku20170806h

帰りは、不忍池の近くにある大戸屋に寄りました。料理のおいしく、全面禁煙なのです。全面禁煙の店をお探しの方にお勧めです。

tohaku20170806i


トーハクの「風神雷神図屏風」を見てきました。

尾形光琳の「風神雷神図屏風」が7月2日まで展示されています。
「貧に候えども、心 楽にいたしたく候」
「その言葉に見える、光琳のセンスが生み出した傑作」と紹介されている少し漫画チックな風神雷神です。
写真撮影ができます。
tohaku20170616a

tohaku20170616b

tohaku20170616c

「風神雷神図屏風」の裏は、「夏秋草図屏風」となっていたそうです。
時を隔て、光琳を慕った絵師の酒井抱一は、光琳の遺作を収集し、「風神雷神図屏風」の裏に自筆の「夏秋草図」を描いたそうです。
tohaku20170616d

トーハクではスタンプラリーが始まっています。
6、7月のスタンプは、もちろん「風神雷神図」です。
tohaku20170616e

tohaku20170616f

「雨宿り図屏風」が展示されていました。
江戸時代中期の庶民の生活を見ることができます。
tohaku20170616g

tohaku20170616h


国立新美術館のミュシャ展に行ってきました。

mucha_20170507a

スラヴの人々の熱い思いを感じることができました。

mucha_20170507b

mucha_20170507g

mucha_20170507c

mucha_20170507d

mucha_20170507e

1911年、ムハ(ミュシャ)は、プラハ近郊のズビロフ城にアトリエを借り、晩年の約16年間をかけ、スラヴ諸国の国民をひとつにするため、チェコとスラヴ民族の歴史を主題にした壮大な絵画の連作《スラヴ叙事詩》を創作しました。
祖国愛を表現する作品を描いていたムハは、プラハに侵攻したナチスから危険視され、ゲシュタポによる逮捕投獄を受け、釈放後の1939年7月14日に肺炎で亡くなりました。

展覧会ホームページ


今年も「博物館でお花見を」に行ってきました。

上野公園には春が来ていました。
tohaku20170325a

トーハクの庭園の桜も咲いていました。
tohaku20170325b

今年も「博物館でお花見を」に行ってきました。
tohaku20170325c

tohaku20170325d

tohaku20170325e

2017年オリジナル「博物館でお花見を」の缶バッジをもらいました。
tohaku20170325f

上野公園でぼけの盆栽を購入しました。来年も咲いてほしいです。
tohaku20170325g


特別展「春日大社 千年の至宝」に行ってきました。

tohaku20170205a

tohaku20170205c

国宝 金地螺鈿毛抜形太刀(きんじらでんけぬきがたたち)は圧巻です。
猫の細工がとてもかわいいです。

国宝 金地螺鈿毛抜形太刀(きんじらでんけぬきがたたち)
平安時代・12世紀
春日大社蔵
[展示期間:2017年1月17日(火)~2月19日(日)]
柄(つか)や鍔(つば)などの多くの金具は金無垢に文様を彫り出し、鞘(さや)は金粉を蒔き、螺鈿で雀を追う竹林の猫を表現しています。まばゆく輝く黄金の太刀

神仏習合思想は、とても興味深いものでした。
神は、仏の具現化した姿であるという神仏習合思想は、祭神と本地を対応させた曼荼羅を見ることで一目で理解できます。
私には、この時代、仏が神より尊い存在としてとらえられていたように感じました。

tohaku20170205b
トーハクくんがお出迎えしてくれました。

tohaku20170205d
常設展では、宮川香山の作品が展示されていました。


多言語翻訳・DTP制作のプロである株式会社ヒシキ様に「MojiKen」をご購入いただきました。

株式会社ヒシキ様=多言語翻訳・DTP制作のプロ

株式会社ヒシキ様は、多言語翻訳・DTP制作のプロフェショナルとして、英語·中国語·韓国語を中心に実力・経験豊富な翻訳者による質の高い多言語翻訳サービスを提供しておられます。
日本企業の海外進出に伴って、インドネシア語・タイ語・ミャンマー語(ビルマ語)・ベトナム語・マレーシア語・タガログ語・ラオス語などの東南アジア言語、アフリカ向けフランス語・アラビア語など、中南米向けポルトガル語・スペイン語などの多言語にも幅広く対応されておられます。
まさに多言語翻訳・DTP制作のプロと言える会社です。
株式会社ヒシキ様ホームページ

株式会社ヒシキ様が「MojiKen」を選んだ理由

多言語DTP制作は、英語、中国語/簡体/繁体、韓国語の4ヶ国語が定番です。
元版に翻訳テキストデータを流し込む過程で写真、図版その他隠されている箇所の移動やカットなどチェック者の不注意を補完するツールとして活用したいと思います。
弊社が誠実で丁寧な仕事を行っているに証左として、お客様により一層信用していただけるようにしたいと思います。

多言語DTP制作担当者からの声

23年間一筋に多言語DTPデータ制作

ヒシキは社歴46年目の会社です。23年間一筋に多言語DTPデータ制作を続けています。
この間には、いろんなお仕事を経験し、日本語版から22ヶ国語向けのマニュアル制作もあり、また会社案内では、多言語版で翻訳から7ヶ国語を連続14年間続け、現在も進形です。

DTP組版の事故を如何にして防ぐか

今日では、多言語DTPデータ制作に対応できると自負はしておりますが、一番の悩みは、いずれの仕事も大変短い作業期間中にさまざまのDTP組版の事故を如何にして防ぐかです。
それに対処するため、社内で何人もの校正者を配置したり、作業現場でいろいろ確認したりしていますが、納品する時にノンミスであるかどうかは常に心配の種です。

コストパフォーマンスが一番よい「MojiKen」

「MojiKen」が目に留まり、社内でいろいろテストした結果、コストパフォーマンスが一番よいものと分かりました。
「MojiKen」の特長は、検版結果ファイルがHTMLファイルで、検査の結果を太い赤い罫線で囲んで、GIFファイルのように前後の画像を交互に表示します。
「MojiKen」をインストールしていない環境でも一目で変化の箇所と変化の状態を確認できます。
しかも、「MojiKen」で検版し、処理済のデータファイル名にも工夫があり、前後のデータに変化があるファイル名の先頭に「NG」という文字を付けていて、変化がないファイル名の先頭に「OK」をつけており、ファイル名を見るだけで変化があるページがわかります。
これからは、「MojiKen」を活用し、お客様により一層の短納期、ノンミスでサービスを提供したいと思います。


トーハクの屏風

鈴木其一の屏風をサントリー美術館で見てからトーハクでも屏風をよく見るようになりました。
植物を描いた屏風がいいと思います。
金箔と言えども色褪せてしまっているので、制作当時とは輝きが違うのが残念に思います。
tohaku20160925c
tohaku20160925d
tohaku20160925e
tohaku20160925f

東洋館のテラスからトーハクの夜景を見ることができます。
tohaku20161029